2017年10月

2017年10月31日

ロックフィッシュ地獄

twitterでつぶやく

北海道でも人気が高い根魚の攻略本

『ロックフィッシュ地獄』

2017-2018が発売になっています。

CS_157 




















同シリーズの1冊目は2006年発行。

その際、北海道の記事が巻頭を飾りましたが、

今作は久しぶりにドーンと掲載。

 

巻頭特集は「アイナメにくびったけ!」。

東北のハンター塩津紀彦さんが室蘭の磯で

本誌でおなじみ三上顕太さんが日高の港で

アイナメをどう釣るか。

North Angler’sの執筆陣が

詳しく解説しています。

今話題の生分解ワームと、

ヘビー&ロングスピニングロッドが登場。

最旬メソッドがよく分かりますよ〜。

 

ところで、先ほどある書店をのぞいてみたら

同書が釣り&アウトドアではなく

音楽関係のコーナーに置かれていました。

ロック間違いなんでしょうが、

妙に目立っていました……。

 



northanglers at 18:00|PermalinkComments(0)clip!

2017年10月30日

ウエア&ギア

twitterでつぶやく

来月発売号の編集が無事に終わりました。

今月は今年で一番、

シャッターを切ったと思います。

膨大な量の写真と向き合い、

途中、心が折れそうになりました……。

P12-13-07

















P14-15-05
















P16-17-03
















P18-19-03
















P20-21-10


















P20-21-14


















P22-23-02
















特集は「ウエア&ギア」。

本誌でおなじみノースアングラー6人の

得意ジャンルの持ち物チェック。

ベストまたはバッグなどに収まっている

アイテムをすべて拝見いたしました。

 

 

詳しくはあらためて紹介いたします!

 



northanglers at 20:58|PermalinkComments(0)clip!

2017年10月18日

NA149特集以外の記事

twitterでつぶやく

お陰様でご好評いただいている最新号

特集以外の記事を紹介いたします。

P067-071-2 

















●いーとーまきの沖釣り入門

今回は好調が伝えられる胆振沖を舞台に

カレイの小突き釣りに挑戦。

取材時はマガレイを主体にマツカワ、

イシガレイの顔が見られました。

秋のカレイはとにかく美味!

料理コーナーも必見です。


P072-075-1 


















●ブルーが映えた積丹の一日

ワンデイスペシャルジギングトーナメント

2017in幌武意の模様をリポート。

大会の流れを詳細に追っていますが、

優勝と大もの賞をゲットした

アングラーのコメントも詳しく掲載。

今が旬の戻りブリの攻略に役立ちます。

 

●スローな誘いがハマった網走沖

Shout!×EzoHachiカップ

inオホーツク2017の模様を紹介。

優勝を導いたのは10圓梁臑罎貿る一尾。

価値あるブリをどう釣ったのか?

P077-081-3 


















●サビキ釣り入門

後編の今回はコマセカゴが付いた仕掛けと

大ヒット中の寄せエサ・アミ姫で実釣。

アジ、サバ、カマスが釣れました!

栄養士おすすめの料理コーナーでは

麺類に合うアジの出汁の作り方を
写真を交えて詳しく解説。

P092-093 


















●ビッグなアナゴをねらえ!

じわじわとファンが増えている

投げ釣りの好敵手・マアナゴが今年も好調。

千歳市の釣具店アングルのスタッフと

苫小牧港で実釣しました。
釣果を上げるコツとは?

 

そのほか、つりぼりあかしで開催された

D.Y.F.Cトラウトスクールの模様を掲載。

 

人気連載『愛車で安眠♪』を飾る一台は

エン・カーズ札幌オリジナルで釣り人の人気者

ジムニーのフィッシング仕様。

 

『熱投ジギング』はフック選択について、

『船長ときどき店員』は戻りブリに近づく秘訣を紹介。

『オンナの釣活』はロックガールが登場。

 

『今月ここでゲッツ!』は

最北の湿原河川のアメマス

後志エリアのマメイカ

日高様似漁港のアイナメ

一度は行きたい奥尻島のハチガラ

渡島エリアのババガレイをピックアップ。

 

どうぞよろしくお願いいたします!



northanglers at 17:50|PermalinkComments(0)clip!

2017年10月10日

NA149の特集は「メタル」

twitterでつぶやく

p010−011
















最新号の特集は

今や、すべてのシーンで欠かせない

メタルルアーにスポットを当てた

皆さん大好き「メタル」です。

以下、関連記事になります。

 

●鉄ジグが作られるまで

道内のジギングシーンで人気が高い

ネイチャーボーイズの鉄ジグシリーズが

どのように作られているのか、

なぜ、鉄という素材に着目したのか。
製造工程からコンセプトまで詳しく紹介。

p016-019-1 

















●ストリームジギング

湿原河川や湖でジグは定番になりましたが、

渓流でその効果はあまり語られません。

しかし、ポイントと釣り方しだいで

渓流でも威力を発揮します。

阿寒川を舞台にジグの釣り方を掘り下げます。

p020-022-1 

















●フロントワイドの20

道内で人気が高いスプーンのひとつが

アングラーズシステムのバックスシリーズ。

今年でメーカーを立ち上げて20年の節目を迎えた

同社代表の福田紀之さんに

バックスが作られた経緯とその特徴をインタビュー。

 

●道東二大レイクのジギング戦略

アメマスだけでなくニジマスにも効果を発揮し、

道東で定着したレイクジギング。

阿寒湖と屈斜路湖におけるそのタクティクスを

淡水ジギングフリークがリポート。

 

●凪を釣るジグ

北海道を代表する釣り具メーカー

フジワラが今年5月にリリースした

ZAMSリリックは、

ジグなのにナギが得意という個性派。

その開発秘話を伺いました。

 

●サーモンメタルの進化形

今季のサケシーンでも好調が伝えられる

エンドウクラフトのサモメタ。

その進化形をいち早く紹介。

従来モデルと何が違うのか?
 

●コンパクトシルエット

今季のブリジギングは

シーズン中盤から釣果が低迷しましたが、

そんな状況で試したいのがこのタイプ。

おすすめ13本のカタログ付き。

 

●ショアスロージギング

青ものだけでなくロックフィッシュ、

それにフラットフィッシュにも有効な

今注目のショアスローについて

人気コラム『熱投ジギング』の執筆者

千葉栄治さんが解説。

P051-055-2 


















●イカメタルは釣れる!

シーズン中盤から好調が伝えられる

オフショアのイカ釣り。

道内でイカメタルゲームは成立するのか。

イカ釣りのキャリアが豊富な筆者が

その魅力とメソッドをリポート。

26アイテムを掲載した

イカしたメタル専用図鑑も必見です。

 

よろしくお願いいたします!



northanglers at 19:37|PermalinkComments(0)clip!

2017年10月05日

秋は熊に注意!

twitterでつぶやく

場所がアメマス釣りの人気河川

茶路川の近くということで
昨日のニュースを知って背筋が凍った方
も多いでしょう。

 

本誌148号の「あっ、熊だ!」でも書いていますが、

秋は釣り人とヒグマのニアミスをよく聞きます。

記事では、道内在住の釣り人

100人の意見を掲載しています。

釣行時はしっかり対策をしたいものです。

CS_151



















また、『熊!に出会った 襲われた2』は、

数メートル先に出てきたクマに肝を冷やした人、

追いかけられた人、襲われた人、撃った人、戦った人……。

本州のツキノワグマから北海道のヒグマ、

さらには海外での体験談も加え、

前作をはるかにしのぐリアリティーでお届けします。

釣り、山菜取り、登山、山スキー、狩猟、クマ研究家、

さまざまな目的で山に入る人たちの視点と出会いの体験が、

現代のツキノワグマとヒグマの実像を照らし出すほか、

その対策についてもふれています。

https://tsuribito.co.jp/cover/archive/detail?id=4644&kind=1

 



northanglers at 16:09|PermalinkComments(0)clip!

2017年10月04日

NA149の中身

twitterでつぶやく

p00表紙01





















今月発売号の編集作業が無事終わり、

内容をホームページにアップしています。

https://tsuribito.co.jp/magazines/northanglers/

 

特集は「メタル」。

ショアの釣りはジグを中心に

すっかりメタルルアーが主流になり、

淡水のトラウトシーンでも

年々、その注目度が上がっています。

特に水温が低くなる秋〜冬は

底を探りやすいメタルルアーが欠かせません。

オフショアは戻りブリの季節を迎え、

ジギングシーンは最終盤。

そこで有効なジグとは?

詳しくはあらためてご紹介します!




northanglers at 17:33|PermalinkComments(0)clip!