2017年11月

2017年11月29日

ロック×遠投=釣れる!

twitterでつぶやく

なかなか天候が安定しませんが、

ロックフィッシュは元気です。

今月の取材でも、港と磯で

グッドサイズが微笑んでくれました!

P24-27-07 

















P24-27-10
















P24-27-15
















ロックフィッシュシーンでは最近、

「遠投メソッド」が注目されていることは

現在発売中の150

『ロング&ヘビースピニング』で紹介しました。

 

次号では、さらに突っ込んだ内容の記事を

皆様にお届けします。

 

「闇雲にロングキャストしても……」

という方もいらっしゃるでしょうが、

この舞台なら遠投が効果的!

という事実を、次号ではお伝えします。

何より、リグを遠くに運べると
気持ちいいですよね〜。



northanglers at 20:42|PermalinkComments(0)clip!

2017年11月22日

なるほど!THEワカサギ大全2017-2018

twitterでつぶやく

CS_156


















毎年、この書籍が発売になると

「冬が来るんだな〜」という気がします。

 

そして、先週から景色はすっかり冬。

というわけで、宣伝させていただきます(笑)。

 

北海道でも人気のシリーズ

『なるほど!THEワカサギ大全 2017-2018』。

今回の特集は

「穂先×仕掛け×オモリ タックルバランス大研究」。

 

先調子と胴調子、どっちがいい?

穂先に合わせる仕掛けやオモリはどうする?

これらを掛け合わせていくと

それこそ無数ともいえるパターンがありますが、

エキスパートはどのように

タックルバランスを考えているのか?

その辺りの戦術を詳しく紹介しています。

 

道内でも電動リールが主流になると

ワカサギ釣りを深く楽しむ人が増えたと思います。

そんな方にとって、本書は必ずや参考になるはず。

 

また、道外アングラーによる

「北の大地に行ってきました!」

という記事もありますよ〜。



northanglers at 15:44|PermalinkComments(0)clip!

2017年11月15日

NA150特集以外の記事

twitterでつぶやく

お陰様でご好評いただいている最新号、

特集以外の記事を紹介いたします。

 

●ロング&ヘビースピニング

近年、各メーカーからリリースされている

9フィート、ルアーMAX28gを超える

ロックフィッシュ専用ロッド。

そんなタイプの持ち味が活きる

メソッドやシチュエーションを考えてみます。

P051-054-3 

















●やっぱりネオプレーン

キャリアの長いトラウトアングラーに

昔から愛されているネオプレーンウエーダー。

ハイブリッドタイプを含め

メーカー各社のおすすめモデルを掲載。

 

●ラバーコートネットへの張り替え

リリース前提で釣りを楽しむのなら

ネット部を魚にやさしいラバー製に替えてみては?

福士知之さんがその工程を詳しく解説。

P058-059 


















●ジギングでねらうブリ

好評連載『船ルアー愛実らせます!』の3回目。

元ミスさっぽろの矢野愛実さんが、

今回は函館市戸井沖を舞台に

道南のベテランジガーに

ジギングで釣果を上げるコツを聞きました。

P067-071-2 

















●オイシイ! 沖五目釣り

タチ入りのマダラに今や高級魚のホッケ、

それにヤナギノマイ。

大型ジグで日本海を遊び尽くします。

 

●“ティッピング”で抱きまくり!

シャクリ後のフォールで抱かせる。

その釣り方がエギングの超定番ですが、

違うメソッドで驚くほどの釣果を上げている

札幌のエキスパートの釣りを拝見。

P076-079-1 


















●あっ、熊だ!

近年は知床半島以外でも

海岸でクマとのニアミスがよく聞かれます。

道南の有名ソルトフィールドにおいて

至近距離でヒグマに遭った釣り人が、

恐怖の体験を振り返ります。

 

そのほか、連載ものは下記のとおり。

 

『夢見る一尾への一本』は

北海道キャスティング倶楽部の事務局長を務める

福田泰完さんがビッグフライの巻き方を紹介。

 

『今月ここでゲッツ!』は

クロソイ、ホッケ、ソウハチ、カジカ、

エゾメバルのルアーフィッシング。

 

『熱投ジギング』は

北海道でも夢ではなくなった

ショアのヒラマサがテーマ。

 

『船長ときどき店員』は

まだ間に合う今季の戻りブリパターンを

レッドムーンの岡田三四郎船長がアドバイス。

 

『愛車で安眠♪』は

トヨタの人気車種・ヴェルファイアの

超快適安眠術を公開。

 

『オンナの釣活』は

北海道のロックフィッシングに大きな影響を与えた

あの人の奥様が登場します。

 

今号もよろしくお願いいたします!



northanglers at 18:11|PermalinkComments(0)clip!

2017年11月13日

NA最新号の特集記事

twitterでつぶやく

お陰様でご好評いただいている最新号、

特集の関連記事を紹介いたします。

p010-011 


















【特集1

N.A. Style

ウエア&ギア

p012-015-1 

















本誌でおなじみアングラーの

得意ジャンルのスタイルを拝見。

ウエア類の商品名に加え、

バッグやベストの中身を詳しく紹介しています。

ご登場いただいたアングラーとジャンルは

下記の通りです。

 

・福士知之さん/フレッシュ

・矢野愛実さん/フレッシュ

・佐藤博之さん/ショア

・二橋翔大さん/ショア

・菊地正彦さん/港ロック

・菅原晃誠さん/港ロック

・伊藤まきさん/船釣り

 

そのほか、最近人気のヒーター内蔵ベスト、

アルミプライヤーやフィッシュグリップなど

注目のギアも取り上げています。

 

【特集2

Central & East

四大レイクの戦略

p027-031-2 

















道央と道東で大ものの実績が高い

支笏湖、洞爺湖、阿寒湖、屈斜路湖で

価値ある一尾に近づく方法を考えます。

 

支笏湖は10月に良型を連発したアングラーが

興味深いヒットパターンを解説。

 

洞爺湖は夏季解禁期間中の状況などから

冬に有効な戦略を予想。

 

阿寒湖はローテーションの隙間を埋める

サブサーフェス系ルアーに注目。

 

屈斜路湖は最新のフライタックル事情を

地元アングラーの釣りを交えて紹介しています。

 

今号もよろしくお願いいたします!

 



northanglers at 16:45|PermalinkComments(0)clip!

2017年11月06日

イカ好調!

twitterでつぶやく

昨日、数年ぶりに釣りを再開した知人から

「夕方にラッシュがきて

50パイ以上釣れたわ〜!」というメール。

小樽と余市でエギングを満喫したよう。

 

SNSの投稿を見ても

マメイカエギングを楽しんでいる人がとても多く、

この釣りの盛り上がりを感じます。

最近はヤリイカも来遊してきたので、

エギングファンは眠れない夜を過ごしているのでは!?

 

本誌149号で掲載した記事

「イカメタルは釣れる!」も好評で

大型釣具店のスタッフから

メタルスッテの売れ行きがよく

店頭在庫がなくなったと聞きました。

先日、夜に積丹方面を走っていると

漁火が眩しく、スルメイカも豊漁みたい。

イカの当たり年ですね〜。

 

まもなく発売する本誌最新号では

新しいマメイカエギングを提案。

小樽港で行なった取材では

短時間でこれだけの釣果が得られました。

P76-79-16 

























また、豊富なヒットシーンを交えつつ

誘いからポイント選択、

イカ刺しの作り方まで紹介した

おまけとしては濃すぎるイカしたDVD付き書籍

『エギング北海道』も釣りの前に、後にも

ご覧なすって!

http://tsuribito.co.jp/cover/archive/detail?id=3601&kind=1

709

 



northanglers at 13:27|PermalinkComments(0)clip!

2017年11月01日

北海道の鱒釣り

twitterでつぶやく

さぁ、トラウトフィッシングもいよいよ

シーズン最終盤を迎えますが、

北海道のマスたちが辿ってきた歴史、

今なお解き明かされない不思議を知りたい方に

ぜひ、おすすめしたいのが

『北海道の鱒釣り』。

706



















広大な北海道の大地を流れる河川、

そして湖を舞台に、執筆者の奥本昌夫さんが

独特の語り口で、「鱒の楽園」にいざなってくれます。

 

先日、久しぶりに奥本さんとお話し、

本書を読み返しましたが、

いや〜、面白い!

奥本さんはフライフィッシャーですが、

ルアーアングラーも参考になる要素が盛りだくさん。

 

記者が知る限り、北海道で車中泊を繰り返し

走行距離がハンパないのが

岡貞光さんと奥本さん。

それだけの深さが本書にはあると思います。



northanglers at 19:37|PermalinkComments(0)clip!