2018年05月

2018年05月11日

最新号の特集以外の記事

twitterでつぶやく

お陰様でご好評いただいている最新号、

今回は特集以外の記事を紹介いたします。

 

Newイグジストの使用感

60周年を迎えたダイワの技術を結集し

今年、満を持してリリースされたのが

同社フラッグシップのスピニングリール

New『イグジスト』。

その使用感をフィールドテスターが解説。

 

●朱鞠内湖のイトウ釣りの今

釣りは希少種の資源管理の一翼を担える。

近年、そんな視点の調査研究が行なわれるようになった。

然別湖のミヤベイワナでそれに取り組んだ芳山拓さんが、

イトウが棲む朱鞠内湖でもアンケート調査を実施。

その内容を紹介する。

P067-071-2 

















●隔月連載 船ルアー愛実らせます!

元ミスさっぽろの矢野愛実さんが

道内各地のオフショアのステージを

ルアーフィッシングで挑戦する連載。

今回は苫小牧沖を舞台に

話題の最新鯛ラバタックルで実釣!

P078-082-1 


















●カレイ×人工エサ

近年は海サクラを連想するかもしれないが、

春といえば昔からカレイ釣りだ。

カレイといえばイソメが定番だが、

「生エサは苦手……」という人も少なくない。

そんな人におすすめしたいのが今回のメソッド。

料理コーナーも必見!

P072-075-1 


















●室蘭沖堤パーフェクトガイド

これまで何度も大会の舞台になり

北海道でも数少ない渡船システムがある

室蘭港の沖防波堤。

ハイシーズンを間近にひかえた今号では

各堤防のポイントと釣り方を

2人のエキスパートが解説。

P090-091 


















●新連載 青物最前線 on Rock Shore

ブリをターゲットにしたショアの釣りは、

ここ数年で一気に加熱。

ハイシーズンの磯はアングラーでにぎわうが、

ミスマッチなタックルの使用や

準備不足によるトラブルがよく見られる。

この連載では、大ものが望める磯で

釣果を上げる方法を考える。

 

●新連載 今月の釣り予報

1ヵ月の全道の釣りものと状況を

過去の豊富なデータをもとに予想する連載。

予報士は『北海道の海釣り入門』著者で

釣り歴50年以上のベテラン・山道正克さん。

 

そのほか、フライタイイングの連載

「夢見る一尾への一本」は

これから出番が増えるCicadaを紹介。

 

「今月の釣り」は

留萌管内の海サクラとソイ、

後志管内のホッケ、渡島管内のアイナメ、

オホーツク管内の海アメ・海サクラをピックアップ。

 

「愛車で安眠」では、アトレーワゴンが登場します。

今号もよろしくお願い申し上げます! 



northanglers at 09:36|PermalinkComments(0)clip!

2018年05月07日

最新号の特集は色

twitterでつぶやく

春らしいカラフルな表紙が好評な
今号の特集は「COLORS」。

p014−015 

















釣具店にずらっと並んでいるカラーを見て、

どれを選ぶか悩む人は少なくないでしょう。

そこで今号は、人気ジャンルのエキスパートが

カラーに対する疑問に答えるだけでなく、

これまでの経験から実績色を公開。

もう、迷わない!

以下、特集に関係する記事です。

P016-019-1 

















●道産子の傾向

道内で好まれるカラーは

本州や外国から見るとちょっと偏りが大きい。

その独特なカラーセレクトは

じつは環境によるところが大きい?

数々の人気ルアーを世に送り出す

D-3カスタムルアーズ代表・福士さんの提言。

 

●レンズカラーの選び方

色が重要なのは偏光グラスも同様。

SMITHPOLAR X LENS』を例に

レンズカラーの特徴に加え、

適した天候やロケーションを紹介。

 

●シェルの誘惑

トラウトシーンで昔も今も

多くのアングラーに支持されている

シェル貼りのルアー。

その輝きに魅せられた佐々木大さんが

効果を発揮する条件などを考察。

要注目なコーティング剤を使った

チューンアップ法も紹介する。

 

●オオナゴ系+α

積丹町の余別来岸漁港から出船する

遊漁船『REDMOON-レッドムーン-

船長の岡田さんは自らもブリジギング愛好者。

出船しない日は札幌市東区の釣具店に出社し、

アングラーの動向をよく知っている。

そんな岡田さんのカラー選びとは?

P030-033-1 


















●夜は白黒ハッキリつける!?

気軽に楽しめるナイトゲームのソイ釣りは

昔も今も人気だが、以前に比べると

「釣れなくなった……」という声がちらほら。

そんな人は、菊地正彦さんが実践する

カラーとリグの使い分けを参考に!

 

●ピンクに黒のワンポイント

トラウトやサーモンの本能を刺激する色。

レッドやピンクはそう考えられているが、

ピンクに黒の縞模様やワンポイントが入る

スプーンやジグがじわじわと増えている。

その背景にあるものは?

 

●銀鱗を振り向かせる色

本誌前号『道北日本海は釣れる!』で

各エリアの概要を解説してくれた岡貞光さん。

ここでは、当地で有効なカラーに加え、

『岡ジグ』シリーズにおける

カラーのコンセプトを紹介。

海サクラに効く色とは?

 

以上、よろしくお願い申し上げます!



northanglers at 17:57|PermalinkComments(0)clip!