2018年12月

2018年12月13日

最新号の特集以外の記事

twitterでつぶやく

お陰様でご好評いただいている最新号。

以下では、特集以外の記事を一部紹介します。

 

20182019海サクラ&海アメNEWタックルガイド

昨季はショア&オフショアともサクラマスが絶好調。

冬の一大イベント『あめますダービーin島牧大会』では、

史上最大のアメマスが登録されるなど大いに沸いた。

今季もいよいよ開幕、さらなる盛り上がりが期待されるが、

ここでは続々とリリースされている各社の新製品に注目。

道内アングラーが監修したロッドや

北海道向けのカラーを施したルアーなど

フリーク必見のニューモデルを紹介したい。

 

●氷上ワカサギ開幕!

2018年は冬の到来が遅く

氷上釣りへの影響が気になるが、

豪雪地帯として知られる

朱鞠内湖なら心配ないはず。

昨季の釣行を交えながら

釣果を上げる方法を考えたい。

P051-053-1_010 

























●夜釣りと投光器

冬の港はイカやニシンなど

夜釣りで美味しいターゲットがねらえる。

そこで近年、釣果を上げるアイテムに

「投光器」が注目を集めている。

そんなアイテムを持っている夜釣り好きは

地震で停電したときも慌てずにすんだ。

P054-057-1_006 


















●苫小牧沖で根魚五目

年々盛り上がるオフショアの釣りで

気軽にエントリーできる場所の1つが

勇払マリーナを拠点とする苫小牧沖。

落として巻くだけのタイラバなら

一尾へのハードルはさらに低い。

 

●いーとーまきの沖釣り入門

沖釣りビギナーが遊漁船に乗って

さまざまなターゲットに挑戦する隔月連載。

今回は青森県で日本一の漁獲を誇り、

ブランド魚として名高いウスメバルを

函館沖でねらいます。

P067-071-3_edited-1_007 

















●オフショア・サクラマス釣り考察

岸からも船からも大人気のサクラマス釣り。

近年はジギングも注目を集めるが、

ジグだけでなくマスシャクリと三角バケを

状況などに応じて使い分けながら、

毎年、好釣果を出しているベテランが

沖釣りビギナーでも分かりやすい

釣るためのコツをアドバイス。

P072-074-1_edited-1_004_008 

















●ジグヘッドリグとハードルアーの戦略

近年のロックフィッシュ・シーンは

さまざまなリグが注目を集めるが、

最も一般的なジグヘッドリグや

ハードルアーは少し存在感が薄い……。

それらを積極的にローテーションし、

数々の大会で上位入賞を果たしている

玉川正人さんのスタイルを拝見。

P075-079-2_009 


















MyFavorite Fly Tying

山林時夫さんが実績ミッジ2本の巻き方を紹介。

 

●今月ココでゲッツ!

・留萌エリア×ニシン×サビキ釣り

・石狩エリア×コマイ×投げ釣り

・胆振エリア×チカ×サビキ釣り

・檜山エリア×海サクラ×ルアーフィッシング

・渡島エリア×カジカ×ルアーフィッシング

 

●愛車で安眠♪

ヴェゼル ハイブリッド(ホンダ)

 

●青物最前線onRock Shore

ダイビングペンシルの使い方

 

●「人食い羆」事故現場を歩く

苫前三毛別ヒグマ事件

 

今号もよろしくお願い申し上げます。

 



northanglers at 08:49|PermalinkComments(0)clip!

2018年12月10日

最新号の特集は「大鱒を釣りたい!」

twitterでつぶやく

お陰様でご好評いただいている最新号。

特集は

「記憶に残る一尾を求めて

大鱒を釣りたい!」

以下では、内容の一部を紹介します。

p012-013_edited-3_005 

















●音のない世界で釣る猿払イトウ

イトウの聖地として道内はもちろん

道外からも多くのアングラーが訪れる猿払川。

素晴らしいネイティブは確かにいるが、

一尾に出会うのは容易ではないのも事実。

そんななか、よく釣っていると評判の

ベテラン・フライフィッシャーに密着した。

P014-017-1_edited-2_001 

















●モンスターブラウンを誘う戦術

支笏湖では晩秋から初冬、

水温が10℃前後に下がると

大型のブラウントラウトが岸寄りするようだ。

119日、その厳つい顔を見たい一心で

ポロピナイ野営場の東側に広がるサーフへ。

読みは当たり、ロッドが絞り込まれた。

 

●冬の洞爺湖フライで釣るキーワード

121日に解禁を迎えた洞爺湖は、

フライでねらうなら今がチャンス。

昨シーズンの解禁日、

3尾の良型ニジマスをキャッチした、

登別市の伊藤伸浩さんに、

一尾に出会うためのコツをうかがった。

P020-021_edited-1_002 

















●朱鞠内湖のイトウ専用ライン

遊漁規則に基づくルールのもと、

誰もが希少なイトウ釣りを楽しめる、

道北・幌加内町の朱鞠内湖。

この湖のイトウのために、

杉坂隆久さんがテストを繰り返した専用ラインが、

このほどSA社から発売される。

 

●淡水はナイロン!

ビッグワンと繋がるライン選びは

四季を問わずに重要だが、

すべてが凍る北海道の真冬は

特に気を遣いたいタックル。

凍結が避けられない淡水では

ナイロンラインが心強い。

 

●“ロングループ・シングルフック”のすすめ

スプーンやジグなどのメタルルアーに

シングルフックを装着する方は多いが、

ループの長さはどれくらいだろうか?

魚の活性が低い河川や湖だけでなく

これから盛期の海アメ&海サクラにも

有効なフックシステムを紹介。

P026-030-1_edited-1_003 

















今号もよろしくお願い申し上げます!

 



northanglers at 16:04|PermalinkComments(0)clip!

2018年12月04日

磯ロックで良型ソイ連発!

twitterでつぶやく

12月に入り昨日まで天気がよかったので、

ずっと釣り場に出ていました。

昨日は本誌ライターの小林くんと

大型ソイを求めて磯にGO!

 

風も波もバッチリという好条件に恵まれ、

40分ほど汗だくになりながら歩き、

途中、難所もクリアして

目的の場所にたどり着くと……

カタクチイワシが打ち上げられ

ルアーの届く範囲にトリヤマが。

 

「めちゃめちゃ釣れそうじゃないですか」。

そう言い、小林くんは鼻息を荒くしてキャスト。

そして一投目、最初のフォール中に「きました!」。

ヘビーなロックフィッシュ専用ロッドが

ぐいぐいと引き込まれ、

姿を現わしたのは40儺蕕離ロソイでした。

_DSC4791 

























しかし、この一尾は序章に過ぎず、

その後マゾイやシマゾイも混じりながら

40儺蕕離愁の爐連発。

ワームだけでなくジグでもよく釣れました。

_DSC4844 

















_DSC5145
















私もロッドを借りてちょっと釣りをすると

シマゾイとマゾイ、それに自己記録更新となる

54僂離▲ぅ淵瓩釣れちゃいました〜。

_DSC5233 

















帰りは足取り軽く、と言いたいところですが、

転倒して肘を強打し、歳を感じました(笑)。

明日からしばらく雪予報で

もう磯に立つのは厳しそうですが、

磯ロックの爆発力を久しぶりに実感した一日でした。

当日の釣りや磯ロックの装備などは

いずれ誌面で紹介いたします。



northanglers at 17:17|PermalinkComments(0)clip!