2019年02月

2019年02月18日

最新号の注目記事

お陰様でご好評いただいている最新号。

以下では、特集以外の記事を紹介いたします。

 

●サクラマスそこが知りたい!

昨シーズンの海サクラシーンは、

これまでにない大ものラッシュに沸いたが、

その要因は何だったのか?

回遊経路や漁獲量、放流数など

誰もが気になる疑問に加え、

今さら聞けないサクラマスの生態や

資源量の推移などを専門家に伺った。

P034-037-1_edited-1_062 

















●“ホッキング”に行こう

昨年辺りから再び好調の便りが多くなり、

ホッケのルアーフィッシング

“ホッキング”を楽しむ人が増えている。

ワームやジグという定番ルアーだけでなく、

さまざまなタイプで釣れるのも魅力だ。

 

●クランクの底力を魅せる

昨年122日、北斗市のショップ

『インパクト』主催により

ハードルアーとワームの2ラウンド制で

カジカ釣りを楽しむ

『カジカップ』が行なわれた。

今回、本誌が注目したのはハードルアー、

なかでもクランクベイトによる戦略。

カジカ以外にも試したいチューンとは?

P040-041_058 


















●潮と魚の動き

釣果情報を頼りに釣行する人が多いが、

海釣りは潮が釣果を大きく左右する。

ここでは3人のアングラーが

得意ジャンルの釣りと潮、魚の関係を解説。

 

●鱒釣りとリール事情

規格外のビッグトラウト、

すべてが凍り付く厳寒期。

そんな北海道というフィールドは

タックルに求められる要素が

本州と異なることも少なくない。

スピニングリールの場合はどうか。

釣具店スタッフが解説。

P056-059-1_edited-1_063 

















●話題のビッグワームで実釣

小さいワームでネチネチと……。

それが低水温期の基本的な釣り方だが、

大型アイナメに的を絞るのであれば

ビッグワームはとても頼りになる存在。

本州で話題のアイテムを携え、

室蘭の遊漁船で試してみた。

P067-071-2_059 


















●先進電動タックルの活用法

道内でも定番になった電動リールが、

最もその持ち味を発揮するのは

何といっても水深の深いフィールド。

帯広近郊のサホロ湖を舞台に

電動リールの興味深い使い方と、

名手の釣り方を詳しく紹介。


●海跡湖・塘路湖はゲストも多彩

釧路湿原に広がる塘路湖は、

太平洋から遡上する天然ワカサギもねらえ、

昔から釧路周辺の人気フィールド。

ロケーションは抜群の一語で

海だった名残を感じられるのも魅力だ。

 

●ライトジギングを始めよう

ロックフィッシュやサクラマスなど

80150g前後のジグを使う

少しライトなジギングが注目を集めている。

手頃な価格帯のタックルが充実していて、

体力的な負担も少なく、

誰でも気軽にスタートできる。

P080-082-1_061

















今号もよろしくお願いいたします。
 



northanglers at 16:56|PermalinkComments(0)clip!

2019年02月13日

最新号の特集記事

お陰様でご好評いただいている最新号。

今号の特集は「狙い方が9割」。

以下では、関連する記事を紹介いたします。

p012-013_edited-4_054 

















●モンスターブラウン×ロングミノー

支笏湖で昨年1125日、

80僖▲奪廚離屮薀Ε鵐肇薀Ε箸2尾あがった。

どちらにも共通しているのは、

ルアーが140舒幣紊鯆兇┐

フローティングミノーであること。

当日の模様を振り返りながら

古くて新しいヒットパターンを紹介したい。

P014-018-1_edited-1_055 


















●スーパーレインボー×シンペン

毎年、モンスター級の大ものがあがるため、

洞爺湖の注目度が年々上がっている。

今季は解禁日が土曜というのもあってか、

例年以上にアングラーの姿が見られた。

そこで誰もが憧れる一尾を手にしたアングラーに

当日の模様を振り返っていただいた。

P019-022-2_edited-1_056 


















●ロングミノーの新機軸

海だけでなく最近は湖でも

ロングミノーは大ものを誘いだしている。

そんななか、ジャクソンから待望の

『アスリート』17僖皀妊襪登場。

その特徴や開発秘話を

同社のテスターにインタビュー。

 

●小ジグの威力

ミノーのサイズが長くなる一方で

もうひとつのショア御用達ルアー

ジグのウエイトは軽量化の流れ?

道内におけるショアジギングの草分け

札幌市の岡貞光さんはここ数年、

20g前後を多用して釣果を上げている。

 

●胆振さくらます船釣りライセンス制

隔月連載「いーとーまきの沖釣り入門」は、

室蘭港から出船してサクラマスねらい。

バケ釣りで良型がヒットしました!

P029-033-3_edited-1_057 

















今号もよろしくお願い申し上げます。

 



northanglers at 16:02|PermalinkComments(0)clip!

2019年02月12日

氷上遠征2日目

ちょっと間が空いてしまいましたが、

前回のブログの続きです。

富里湖(北見市)を釣った翌日は

オホーツクの一大フィールド

網走湖を訪れました。

 

北見からは約40分。

午前8時半に到着すると、

メインの駐車場が満車で、第二駐車場へ。

同湖はワカサギの生産地として有名で

魚影の多さは全道屈指でしょう。

この日は天気もよく

ご覧のとおりの大にぎわいでした。

_DSC0184_050 

















管理棟から湖面に向かって
右側の奥に釣り座を構え、

いざ、実釣。水深は2mほど。

_DSC0238_051 

















さすがは網走湖、釣れる〜!

写真はこの日の最大と最小。

いろいろなサイズが釣れるのも魅力。
_DSC0422_052
















ベタ底を探ると時折掛かる

可愛らしい外道はヌマガレイ。

意外にアタリは繊細です。

もちろん数も大満足。

_DSC0441_053

















でも、隣の親子はもっと釣ってました(汗)。

 

その後は地元の釣具店に寄る予定が、

同行者に急用が入り、

やむなく札幌に走りましたが、

やっぱり、オホーツクの氷上は最高!



northanglers at 14:52|PermalinkComments(0)clip!

2019年02月05日

氷上遠征1日目

海釣りが厳しい天気が続いているので

氷上釣りのメッカ・オホーツク方面を

駆け足で巡ってきました。

 

札幌から高速はしばらく50キロ規制。

途中、ホワイトアウトに見舞われながら

6時間ほど走ってたどり着いたのは

北見市の富里湖。

こちらは、ご覧のとおりの晴天。

_DSC0009_045 

















釣り座を構えたポイントは水深約3m。

開始早々からアタリが頻発し、

6〜7僂離錺サギが快調に釣れます。

_DSC0139_048
















そして、こんな外道も4尾……。

最近なぜか、氷上でよく出会います(笑)。

_DSC0135_047 

















昼はセコマの鍋焼きうどん。

「ワカサギ釣りのときはコレ!」という

同行者のコダワリなのですが、

冬は人気の品のよう。
これを購入するためセコマを数店巡り、

最後に北見でようやく発見。

しかし、店内には並んでおらず

ベテランふうの店員さんに聞くと

「今到着したトラックの中にありますよ!」

とのことで、同行者は満面の笑み。

生たまご付きの鍋焼きうどん、

確かに美味しゅうございました〜。

_DSC0071_046 

















そんなこんなで実釣時間は短かったものの

2人で150尾ほどの釣果に恵まれました。

 

北見といえば、焼き肉のメッカ。

「夜ナニ食べる?」

「そりゃ焼き肉でしょ!」

「そだねー」

とすんなり決まったのですが、

どこも満席(汗)。

4軒目でようやく入れました。

51276856_2714604055432136_8001421396959821824_n_044
























南門さん、最高に旨かったです。

北見でお会いした方々は皆さん
親切だったのが印象的。
翌日へ続く……。



northanglers at 17:00|PermalinkComments(0)clip!