2007年08月21日

天然イワナ

twitterでつぶやく

イワナ釣りに行ってきました。
ところが、最近までの好調ぶりはどこへやら……。

後で分かったことですが、先行していた釣り人たちが、
大量のイワナをキープしていたよう。
道内では、イワナ属の放流は皆無で、ほぼすべてが天然魚。
それだけに、乱獲は致命傷になりかねず、
減少と復活を繰り返している釣り場が少なくありません。
一昨年あたりから復活してきたのに、
またもや減少へ向かうのか……。

iwana.jpg

そんな不安がよぎった時、
この日、同行してくれたNさんは……。

「おじさん、魚がいなくならないように、次に来る人のためにも、魚を残してあげてや。少しはリリースしてよ。頼むからさあ」。

相当カッカときていたはずなのですが、
感情を抑え、真剣な表情で語るNさんを前に、
「釣れなくなったら、他へ行けばいいだろ」と豪語していたおじさんに変化が現われ、
最後には「分かった。次からはそうするよ」
Nさんは「ありがとう!」

Nさんの対応はお見事で、感動しました。
魚への愛情があふれていて、
きっとそれが通じたのでしょう。

大して釣れなかったけれど、清々しい1日となりました。(西井)



northanglers at 18:31│clip!