2012年01月13日

気になるマイカ

現在発売中の12月合併号で、

 

羅臼のエギング記事を掲載しましたが、

 

昨年は知床などのオホーツク沿岸でマイカが豊漁だったのは、

 

記憶に新しいと思います。

 

 

今朝の新聞にその原因を解明したニュースが載っていました。

 

何でも、北方領土周辺の水温が

 

イカに適した高めの温度に推移したため、

 

例年より北上しオホーツク海側に入ってきたとのこと。

 

 

この豊漁をもたらしたのは、

 

九州の南西、東シナ海で1~3月に生まれる

 

“冬生まれ”と呼ばれる個体。

 

これが日本の太平洋側に沿って、

 

遠く北海道までやってくるとは知りませんでした。

 


何気なく釣っているマイカですが、

長旅を経て、北の大地にやってきていたんですね。


ちなみに、道内全体の昨年の漁獲高はここ10年で最高だったそうです。

(山沢)

 clip_image002
















northanglers at 18:28│Comments(0)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔