2012年01月30日

ダーティーフォー

先日この欄で、

スカジットキャスティングの開発者のエド・ワードさんと、

スカジットシステムでの象徴的フライ、

イントゥルーダーの開発者のジェリー・フレンチさんが

アメリカから来道したことをお伝えした。

2月8日発売の次号では、その模様をリポート。

 

イントゥルーダーの最新バージョンのダーティーフォーは、

テールのラビットスキンの先端部分に取り付けられた小型フックがキモ。

思わず、なるほどと唸ってしまうタイイング方法。

 

イントゥルーダーにしてもダーティーフォーにしても、

伝聞と本物とは驚きの違いだった。

さらに、キャスティングクリニックを行なった支笏湖で使うならと、

本邦初公開でダーティーフォー的スカルピンも紹介してくれた。



44-47-08_01








 







 

このスカルピンは世界どこへ行っても大活躍するらしい。

姉妹誌FlyFisherでは

エド・ワードさんのスカジットキャスティングがDVD付きで詳解。

これも伝聞とは違う、Cスペイ。

道内の本流ダブルハンド・ファンはお見逃しなく!

(若杉)





northanglers at 11:59│Comments(0)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔